英国ロハス。

英国の田舎暮らしから、日々いろいろ思うこと、気づいたこと、興味のあることなど。

MENU

食にうるさい夫から始まった食養。

【2013年5月28日の過去記事です】

 

f:id:oliveyoko45:20161219002132j:plain

↑ 夫の好きな手作りスペルトピザ。

 

わたしの夫は食にうるさい方です。

味にもこだわりますが、主に健康にこだわるのです。

 

なので日ごろから

「白米より玄米炊いてくり!」

「精製された砂糖は使わないでくり!」

「ちゃんとラベルを見て添加物をチェックして!」

「パーム油はダメだ!」

マクドナルドとかのファーストフードは禁止!」

などなどギャースカ言っておりまする。

 

これはほんの序の口でまだまだ続きますが

あまりにも細かいので面倒くさくなって

あまり聞いてないわたしです。。。

 

あと、健康食だと聞いてはいろいろと試したがるので

いつも何かしらの新しいモノが彼だけの

「健康」タッパーに入れられています。

マクロビの信仰者&大ファンでもあるし。

↑ イギリスでマクロビしようと思っても食材はなかなか手に入らないから

日本と同じようにはできないしものすごくお金がかかるのであきらめてます。

 

リタイアしてからは

日本の田舎で玄米採食+半自給自足生活を

と夢見ているのも彼。

 

でもね、わたしもちょっと前から

油っこいものとか赤味のお肉を食べると

消化不良を起こすようになっちゃったんです。

 

これまで「おいしい!」と思ってたものが

あんまりおいしく思えなくなってきたり。

 

味覚とか嗜好っていうものが

年をとって 変わってきた感じなのです。

 

そんなときあわせて冷えからくる偏頭痛に見舞われ始め

「冷えとりじゃ~!」「腸内改善じゃ~!」って

食全体を見直すことになったのが

食養を学ぶこととなったことの次第でありまする。